あこぎ屋別館 【日々でっち上げ】
でっち上げ気味に綴る大航海時代online日記、他 (C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) | 編集
Within Temptation
 かなり素敵な女性Voを有したバンドWithin Temptationをご紹介。さて、女性ボーカルで有名どころとしては、NightwishとかEdenbridgeあたりが上げられますが、このWhitin Temptationも負けず劣らず、素晴らしい声を聴かせてくれます。少なくとも前述2バンドと比べると、顔は一番まとm・・・げふん。

 ってわけで、ちょこっと音源にリンク ⇒ WITHIN TEMPTATION

 4曲目は名曲ですな。現在、アルバム3枚リリース中で、日本版1枚、輸入版で2枚とか?しかし、個人的にはEDENBRIDGEのがいいかな~。てわけで、今週末までに3枚・・・頼ム(私信)


 そーいや、こないだルカ・トゥリッリを見かけた。西地中海で(何?!
スポンサーサイト
トニーレオンに惚れた日
 クリスマスシーズン真っ只中の今週、こんなニュースが世間を騒がせています。

 自称フィンランド国籍の男を逮捕 秋田

 クリスマスで浮かれる気持ちも分かりますが、物騒な世の中、戸締り等には十分に気をつけて下さい。特に25日は、煙突から侵入する空き巣の被害が全国的にも多数報告されています。くれぐれもお気をつけ下さい。とまぁ、それはともかくとして、40億の銀行強盗は捕まったんだろうか。少しくらい分けてくんないかなぁ・・・と夢を抱きつつもコンバンハ。あこぎ屋です。

 昨日は友人をエイリアンVSプレデターに誘ったらあっさり断られ、傷心のあまり真っ暗な部屋で独り映画を鑑賞しておりました。

 そう、香港映画の傑作インファナル・アフェアなのです!

 3部作の1作目なので、細かい部分は「あぁ、続編への伏線ね」と軽く流しつつ見るのが吉。なんと、あの谷啓が出演(してません)!さらに、西部警察の大門部長も友情出演(してません)!!マフィアに潜入した警官のお話と言えば、フェイクが有名どころですが、このお話はマフィアも警察に潜入してるのです。すごいですね~、スリルですね~。

 と、色々書いてるヒマが無くなったので本日は以上!
[トニーレオンに惚れた日]の続きを読む
・・・うちってFFサイトだったっけ?
 カイザー・ソゼ!カイザーソゼ!!

 かいざぁ~!そぜぇ~!!

 って、フレーズが頭から離れないあこぎ屋です。コンバンハ。昨日はちょっと早く帰れたので、今更ながらに観たのです。昔っから人に薦められてたけど観てなかったあの映画。そう、ユージュアル・サスペクツなのです。

 映画観た後に、レビューサイトなんかを見たりするのが好きな私。特に低得点のコメントを見るのがオツなのです。『推理もののサスペンスなのに作り方がルール違反』とか『ストーリー展開が反則』って意見にはちょっと笑ってしまいました。100人観れば100の感想。色んな捉え方をしてる人が居て、見てる分には楽しいのです。まぁ、見てるだけですが。この手のレビューで酷評してる人って、何だか人生損してるなぁ・・・と思う今日この頃。変に頭の良いことってな損ですよ、ソンソン。
 つーわけで、個人的にかなり気に入ったユージュアル・サスペクツ。繰り返し観て楽しめちゃってお買い得!何で今の今まで観ようとしなかったのか・・・と、後悔するのでした。

 で、土曜に観たのがあと2本。

 ゲーム と MUSA -武士-

 スピーディーな展開に2時間が短く感じられるほど引き込まれ、そしてあまりにもあまりなオチで全てが台無しになってしまったゲーム。つまり、幼少時のトラウマを克服するための自己啓発セミナー参加談。・・・怒れよオッサン。
 アウトライブとはあまりにも違い過ぎる、主役のイイ男っぷりに思わず感動してしまったMUSA武士。小生意気な小娘のために命を掛けるバカな漢達の物語。・・・哀れレゴラス海の藻屑に。

 2本ともなかなかに楽しめました!

 と、真面目に映画を語るほどに映画マニアでもないんでほどほどに。つーか、うちって一応FFファンサイトだったりするわけで・・・だったよね?だったハズ。・・・あれ?違ったっけ?(悩)
 FFと関係ないこと書く確率のが高い『日々でっち上げ』。つまるところ・・・ネタがないのでご寛容にってことですヨ!(そんなんばっか)


 さーて、今日は帰ったらアレを観るのだーー!!片腕のスゴイ奴が出てくる映画!(何だ?!
あこぎ屋的映画レビュー
 FC2ブログ仲間が1人増えて、ちょっぴり・・・ほんのちょっぴり嬉しいあこぎ屋です。コンバンハ。ちょっぴりだぞ?ほんとだぞ?

 と、言うわけで

 韓国で一大ブームを巻き起こしたベストセラーコミック「飛天舞」を完全映画化した、SFX史劇スペクタクル。アウトライブなのです!(クピピ調)

 同僚に何かDVDを貸してくれと頼んだところ持って来たのが、このアウトライブ。パッケージを見るからにしてまず思う。

 ・・・微妙

 いやいやいやまさかまさか・・・信頼する同僚が、そんな微妙な映画を見せようとするハズがない。有り得ない。が、しかし、ここは自分の気持ちに正直に聞いてみよう。

「コレ・・・面白いんですか?」
「ん?んん?・・・うん」

 妙に歯切れが悪い。

「どんな映画なんです?」
「剣が燃える映画」

 何だそりゃ?!まぁ、いい。借りた以上は見てやろう。ということで、決意を固めてプレステ2にDVDを入れる。始まりました。もうドッキドキです。


 始まって5分。


 見事にツボに入る。


 いかん・・・面白過ぎる!!ヤバイです。ヤバイくらいに面白い!ホントスゴイ。まぢスゴイ。どれくらい凄いって、とにかく無意味にアクションが派手。無意味に多用されるワイヤーアクション。しかもバレバレ。無意味に無駄な動き。回る回る!めっちゃ回る!風切り音がブンブン言ってます。香港映画顔負けの回転率。いつもより多く回っております。染之助染太郎も真っ青である。そして、無意味に荘厳なBGM。良く分からないオーバーリアクション。人形まる分かりの特殊効果!すごすぎる!

 これだけでも、このアウトライブがいかに素晴らしい映画であるか、分かっていただけると思う。が、しかし、まだ甘い。この映画、それだけでは終わらない。名作たらしめる最大の要因。

 ・・・それは


 主役がブサイク


 いや、ブサイクってレベルではない。むしろ、キモイ。とにかくヤバイ。ヤバイくらいにキモイ。前髪も隠れるほどの長髪。良く言えば、ちょっとクールで素敵なサラサラロングヘアー。悪く言えば、キモイ。劇中、やたらと多用する上目遣い。良く言えば、目に力がある。悪く言えば、キモイ。服装のセンスも実にナイス。その、とにかくキモイ主人公が最強の剣士として、並み居る敵をばったばったと斬り飛ばす。地を這う斬撃。吹き飛ぶ敵。てか爆発する。スゴイ。ニトロ内蔵の高性能片手刀。

 そんなキモイ主役じゃ、ヒロインもキモイんじゃないの?


 さにあらず。


 ヒロインめっちゃ美人


 貸してくれた同僚のFFキャラ名とヒロインの名前が一緒だったのはこの際どっかに置いておいて・・・すごい美女なのだ。最初はそうでもなかったが、時間が進むにつれ、その美貌に磨きがかかってゆく。主人公が時とともにキモくなってゆくのと、反比例して美しく変貌してゆくのだ。まさに、映像的トリックの妙である。

 ストーリーは、原作を知らない人間には展開が急過ぎて付いていけない。主人公には出生の秘密があり、そして、ヒロインとの悲恋・・・毒に侵されてまで奮闘する悲劇の主人公。カッコイイ。そんなありがちなストーリーだが、この映画は物語を楽しむものではない。


 主人公のキモさを楽しむ映画なのだ!


 良く分からんがやたらと人気の高かったるろうに剣心大真面目に実写化したら、こんな感じになるんじゃないかと思う。さぁ、気になったアナタは今すぐレンタル屋へゴーだ!!オススメですよ。




 ホントだってば!!
[あこぎ屋的映画レビュー]の続きを読む
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。