FC2ブログ
あこぎ屋別館 【日々でっち上げ】
でっち上げ気味に綴る大航海時代online日記、他 (C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
200504<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200506
アン船長の航海記:目指せ夢の楽園カリブ その3
「ところで野郎ども!知ってるかい?」
「・・・ん?突然なんやす?」
「操舵スキルの取得熟練度についてのマメ知識なんだけどさ・・・」
「うわぁお!ソイツは是非とも聞きたいでさぁな!!」
「よーし、そこまで言うなら教えてやるよ!」

「いいかい、よくお聞きよ。操舵スキルの熟練度アップのタイミングは、航海日数がスキルランクの倍数に達した瞬間なのさね!」
「な、なんだってーーーー!!!(AA略)」
「そして、そん時の波の高さが熟練度として加算されるってわけさ。つまり、波が高い大西洋とかを航海すっとガツガツ上がるって寸法さ!どうだい?タメになったろ?」
「・・・そんなの今時常識ですぜ?知らなかったんですかい?」


「・・・」


「・・・・・・」


「・・・・・・・・・アンタら、今晩めs」
「あっ!嘘ッス!!まったくもって知りやせんでした!さっすが姐御!物知りでさぁ!!(汗)」

 と、アン船長がありがたいマメ知識講座をやってるうちに・・・

楽園到着!

 カリブ到着である。

「って、はやっ!はしょり過ぎっっ!!」

 セビリアを出港してから、約40日ちょっと。南西に突き進んでいたら、見えない壁にぶつかったり、tellをしながら海賊から逃げていたら、もろにクリティカルを食らったり、加速装置でも付いてんのか?と思うくらいに早い敵帆船に追いつかれ、泣きそうになりながら撤退連打したり、船員達が勝手に酒盛り始めたりしつつ・・・ようやっとのカリブ海到達である。くだらない一発ネタのために、往復100日近い無寄港航海をさせられ、疲労の蓄積によって天に召された船員達に黙祷・・・

さんふぁんさんとどみんごじゃまいか

 そして、カリブはセビリアのマスケット銃が高く売れる夢の場所。当然のことながら、通天閣号の船倉にはマスケット銃とウィスキーが満載である。さぁて、ガッツリ稼ぐよ~!と、意気揚々とサンファンの交易所に向かうも・・・火器暴落中。それなら・・・と、向かったサントドミンゴ交易所は・・・火器暴落中。あまりのショックに帽子が壊れたりしつつ、最後の望みを賭けて、イスパニアの聖地ジャマイカへ。


セーフ!

 なんとか売れた。ふっかけできないなんちゃって商人ぶりを発揮しつつも、名産ボーナスで経験値も入ってちょっぴり嬉しい。初航海だったので、転用物資を多めに積んでいたが、航路を覚えたので次回は300ちょっとくらい積んでも大丈夫だろう。マスケットを満載した方が儲けが多いのだろうが、いかんせん火器取引の無い身では辛い。

 そんなこんなで、ジャマイカでメノウとテキーラとタバコを積めるだけ積み込み、セビリアへと凱旋。積み込みブーメランの最中に、行きの利益がほぼ全て街役人に吸われたのだが・・・きっと仕様なのだろう(遠い目)

 カリブ航路、しばらくお世話になろうと心に決めたアン船長なのであった。
スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved