あこぎ屋別館 【日々でっち上げ】
でっち上げ気味に綴る大航海時代online日記、他 (C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
200510<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200512
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) | 編集
ある生物学者の行方
 相変わらず地中海から出ずに交易ばっかしてる毎日。それがオカシイのさ。冒険クエやってたつもりなのに、気が付けばいつの間にか交易しかしてなかったりすんのさ。オカシイだろ?冒険クエやってたのにさ。地中海でばっか航海してたのが悪かったのかもしんないね。ってなもんで、ちょいと気分転換にカリブに行ったりしたんだ。もちろん地理学クエ消化のためさ。何故か船倉にマスケット銃とアクアビットとウィスキーとガラス細工が満載されてたのが気になるとこだけど・・・。ほら?船ってあんまし軽いと沈んじゃうし(余所見)

 帰りにサントドミンゴでロンドン行きのクエストとか請けてさ(ジャガイモ15個持ってくやつね)、んで、ラスパルマスでメノウとかテキーラとか売っ払って、その足でロンドンに向かった・・・ハズなんだけど、気が付くとサンゴとマスケット銃で船倉が満杯ってんだから不思議だよね・・・。妖精さんでも住んでんのかね?満載じゃ仕方ないってんで、ベルゲンで売っ払ったら、ついでにオスロとかコペンハーゲンにも寄るじゃないか?寄ったら石材とか木材売ってるから石像とか造っちまうよね?コペンハーゲンなんか工芸品が3種類も売ってるから、仕入れ発注書使って工芸品で船倉満載したりするじゃん?人として当然の行動だよね?なのに、ホセときたら、呆れたような目でこっちを見てくんのさ。どーにも癪に障る奴だよ。ったく、アタシの何が不満だってんだい・・・

ホセっす 「まとめ買いで取引スキル上げやすくなって良かったッスね・・・」

 とまぁ、そんなこんなの変わらぬ生活を送ってるアタシだけど、最近ちょくちょく質問されることがあってね。いちいち毎回答えんのが面倒なんで、ここでまとめて答えちまうことにする。んで、よくある質問ってのがこんなんなんだけどさ・・・

Q1:「生物学者のあの人、最近見かけないんですけどぉ?アンさんなら何か知ってますよね?」
A :「ンなことアタシが知るわけないだろ!そんなに知りたきゃ3丁目にでも張り込んでなバカ!」

Q2:「サイト繋がらないんですぅ。何でか聞いといて下さい;;」
A :「こっちからリンクしてた記事が多いだけに消えちまったのには困ったもんさね・・・」

Q3:「あのぅ・・・ヌワラさんってDOLやめちゃったんですかぁ?」
A :「アイツには50億ほど貸してやってたのに、返しもせずにバックれやがった(メ゚Д゚)y-~~」

Q4:「あのクソオカマ!(オレを)食い逃げしやがった!!」
A :「えぇと、ご愁傷様・・・新しい世界で強く生きておくれ(ほろり)」

Q5:「貴女が殺したのね!?
A :「人聞き悪いこと言うんじゃないよ!殺したって死ぬようなタマかい。いや、タマ無いけどさ・・・」

 こーいう質問はさ、アタシじゃなくて保護者に聞いとくれよ。と、言いたいところなんだけどさ・・・実は、ひとつ心当たりって言うか・・・見ちゃったって言うか・・・、その、まぁ、何だい?もはや語るまいと心に決めていた、あの日の悪夢のような出来事を・・・生物学者ヌワラ失踪の真実を、この場を借りて語ることにするかね。

 そう、あれは・・・北欧へサンゴを売っ払いに出向いてた時のことさ。


 ふらりと立ち寄ったリューベックの酒場で、アタシは・・・見ちまったんだ。とんでもないモンを。



 そう・・・



ヤバイもん見ちまった・・・

 ゲイの集会を

 妙に露出度の高い男どもがさ・・・頬を赤らめたり、暑い視線で見つめあったり、手ぇ握ったりしてんのさ!あたしゃ軽いカルチャーショックを受けちまったね。真冬のリューベックだったんだけど、その日は男たちの熱気で蒸し蒸しして・・・てかムカムカして気分悪かったもんさ。関わり合いになりたくなかったんで、端っこで独りで飲んでたんだけど・・・その時のことさ。

「やだわ・・・男の園に女が紛れ込んでるわ。女臭いってのよ!許せないわ!アチシショック!超ショーーック!!」

 その時、聞き覚えのある声が聞こえてきてビックリしたんです。まさか友人がその集会に参加してたなんて、信じられない衝撃でした。ノーマルな人だと思ってたのに・・・。いつも落ち着いた、まさに紳士の鑑のような人だと思っていました。その彼に、まさか、まさかこんな趣味があっただなんて。本当にショックでした。冒険レベルがちっとも上がらない・・・そう悩んでた時、何も言わずにクエストに連れて行ってくれた彼。インド土産が欲しいと我侭を言ったら、文句も言わずに買って来てくれた彼。彼との思い出が走馬灯のように駆け巡ったわ。物静かな紳士な彼に憧れていた私。それが、それがまさか・・・ゲイだったなんて!

 どうしても信じられなかった私は、真偽を確かめるため・・・彼に言い寄ってみたわ。

ゲイ確定!

「悪いですがあなたとはお付き合いできません」

 ゲイ確定しました。だってそうでしょう?こんな美女に言い寄られて断る男が居るだなんて、理由はそれ以外に有り得ません。私は今の今まで騙されていたのです。なんて非道い男なのでしょうか。

「つーか、よくもまぁ思ってもないことをスラスラと喋れるわね・・・」

見詰め合う2人・・・

 その後、彼は好みの男性を見つけたらしく、しばらく暑く視線を絡み合わせた末に・・・2人で手を繋いで夜の街へと消えてゆきました。

 それが、私が最後に見た・・・生物学者の姿だったのです(実話)。


 以来、彼の行方は・・・ようとして知れない。


-完-
[ある生物学者の行方]の続きを読む
スポンサーサイト
すべてはその1杯のために
 耐えがたき屈辱を受けたあの日より半月、アン船長は帰って来た。

 そう、約束の彼の地へと・・・

「ピッツァ・マルゲリータ!スフォリアテッレ!カンパーニャ!サンタ・ルチ~ア!カステル・ヌオーヴォ!!」※注:イタリア語
直訳:「おぉ、我が愛しのナポリよ!喜ぶがよい!長き雌伏の時を経て!私はついに!ついに帰って来たのだ!!」


 と、言うわけで


 向かう先はただひとつ。


ご苦労!

「見張りご苦労!」
「ふむ、通ってよいぞ(態度でけぇ女だな・・・)」


 その先に居るのはただひとり。


また来たよ・・・

「よっ!久しぶりだね」
「またお前か・・・」

 ナポリ国王フェデリーコの執務室である。以前訪問した時、投資額は少ないながらも5位ランカーであるアン船長に対し、茶も出さないわ茶菓子もないわ酒もないわ肩も揉まないわと信じがたいほどの冷遇を受けたのだ。ちょっとばかしいい服を着た豚の分際で、ナポリに多大な貢献をした航海者に対する無礼千万な仕打ち。許さん。

「相変わらず、無茶苦茶言っとるな・・・」
「フン、そうやって椅子に踏ん反り返ってられるのも今のうちさ!」
「で?今度は何だね?私は忙しいのだ。用件は手短かにしてもらおう」
「フフン、コイツを見てみなっ!!」

返り咲き!

 アン・コギー投資ランカー5位に返り咲きの瞬間である。

「・・・また引退者続出のラッキーランクインか」
「フン、運も実力のうちって言うだろ?」


「で?確かに5位だが・・・それがどうかしたのかね?」
「どうしたもこうしたもあるかっ!決まってんだろ!!」


お~いお茶!

「さぁ!茶を出しな!!」
「あくまで茶に拘んのか、この女・・・」

「どうせ明日にはランクが入れ替わっとるに決まっておろう?そーいうセリフはせめて3位内に入ってから言うんだな」
「なんだよ!3000万も投資してやってんだから茶ぁぐらい出したっていいだろ!ケチ!」
「だから毎回ローマ神像のレシピを渡しとるではないか。店売りで15万だぞ?その金で好きなだけ茶を飲めばよかろうに・・・」
「うっさいね!レシピは貰うけど、アタシは茶が飲みたいんだよ!つべこべ言わずに出しなっ!この豚野郎!!」
「まず国王に対する口のきき方を学んでから出直して来い!ゴロツキ航海者がっ!」
「国王様、ワタクシ・・・ダージリンティーをいただきたいですわ(しなっ)」
「・・・急に態度変えたって出してやらん」
「フェデリーコ・・・愛してるわ♪だ・か・ら・・・さ、お茶ちょうだいよ♪(はぁと)」
「・・・婀娜っぽくしても駄目。ってか呼び捨てかよ!」
「なんだよ!いいじゃんか!茶ぁくれよ!!」
「イヤだったらイヤだ!!」
「出せ!」
「断る!」
「そこをなんとか!!」
「聞こえん!」
「ねぇ~ん、国王さまぁ~ん♪」
「うわっ鳥肌っっ」
「豚のくせに鳥肌ってな笑っちまうね!」
「言ったな田舎者の暴言ガサツ女がっっ!!!」


-以下、不毛な争いはしばらく続いたと云ふ-


「ぎゃーぎゃー 凸(゚皿゚メ)」
「ギャーギャーギャー (○`ε´○)」
[すべてはその1杯のために]の続きを読む
決戦に備えて
 は聞いてるぜ・・・

 男は、アタシの姿を見るなり親しげに話しかけてきた。当然、男の顔には見覚えがあったし、何よりここはヤッファだ。何のために危険を冒してまで東地中海を横断し、片田舎のヤッファくんだりまでやって来たのか。その理由を考えれば、男に声を掛けられるのも必然のことであった。
 つまりはこの男に会いに来たわけなのだが、そんな事情はおくびにも出さず、アタシは至極平静を装って返答した。

「・・・話ってな何のことだい?」

密会?

「分からねぇならそのまま聞いててくんな。通りすがりのデブの、つまらない独り言さ・・・って、誰がデブだよ!!」
「変わってないね・・・そのノリツッコミ。嫌いじゃないよ」

 照れ臭そうに鼻を掻きつつ、男は素早く周囲に警戒の視線を走らせ、小声で言葉を続けた。

奴さんかなり本気で仕留めにきてるみたいだぜ?アンタこのままじゃ殺られちまうね」
「あぁ、キャノン砲買ったり貫通覚えたりしてるみたいだからね。・・・ったく、旧友相手に大人げない奴さ」
「それだけじゃねぇ、何でも先日、機雷発見を覚えたらしい。アンタの雇った殺し屋も、今じゃ奴さんの犬らしいしな」
「んな、ば、なんだいそりゃ?!」

 寝耳に水な情報に、さすがのアタシも驚きを隠せなかった。だが、あの目付きの悪い性悪陰険女なら考えそうなことだ。どうやら徹底的にアタシを沈めたいらしい。色ボケ殺し屋が寝返ったのは織り込み済みとして・・・しかし、機雷発見は想定外だ。これで、決闘場所に先回りして、あちこちにコッソリ機雷を仕掛けておくという素晴らしい作戦は水に流れた。

「真っ向勝負じゃ万が一にも勝ち目がねぇと思うんだが・・・どーなんだい?」
「そのためにわざわざここまで来たってこと・・・分かって言ってんだろ?」

 意味深なアタシのセリフに、男の顔がニヤリと歪んだ。ニッコリと微笑みを返し、そして言う。

「アイツは最近冒険稼業にハマってるらしい。冒険稼業はとかく危険が付きものさね・・・特に陸上探索では、不慮の事故に遭って命を落とす冒険者が後を絶たないんだってね」
「んふふ、陸地で襲われて死ぬだなんて日常茶飯事。不幸な事故さ・・・いいだろう、組織の連中に声を掛けといてやろう」
「・・・いいのかい?」
「ふん、アンタんとこの先代にゃ恩義がある。なぁに、小娘1人消すくらいわけないさ・・・」
「泣く子も黙るヤッファの黒髭危機一髪の曲刀捌き・・・久々に見れたりすんのかい?」
「懐かしい二つ名を・・・。あいにくとロートルは酒かっ食らって小言言ってんのがお仕事さ・・・」
「フフフ、そりゃぁ残念なことさね・・・フフ、フフフ・・・」

 そんなやり取りの一部始終に、ひっそりと聞き耳を立てる影がひとつ・・・
[決戦に備えて]の続きを読む
11月2日現在のステータス
 昨夜はオンして最後のブメを満喫しようと思ってたが、帰宅してテレビをつけたらやっていた火垂るの墓。これが案外面白い。見ながらブメろうと考えるも結局オンせず最後まで見る。えぇい、泣いたったわ。でも、エンディングがあざとくて一気に萎えたのはここだけの話。でもって明日から夏休み5連休。何だかちょっぴり肌寒い気がするけれども夏休み。せっかくなんで帰省することにした。土産に一吟も買った。東京土産なのに何故京都の地酒なのか。何はともあれ、11月アップデートもしばらくはお預け。実家でオンできたりするけども、帰ってまでゲームしようとは思わないのが人情。と言いつつ4日から始まるシルクr・・・(略)。

 まぁ、それはそれとして、バージョンアップ前の最終ステータスを記録として残しておく。前回のステータスは⇒コチラ(2005/7/30)。そして現在のステータスが↓コチラ

個人情報

 服が上等になってるのは前々回の更新を参照。職業、爵位変わらず。いつぞやのバージョンアップにて、商会未所属だと文字色が灰色表示されるようになった。【商会に所属していません】って名前の商会を立ち上げてみっか!などと、考えたのは私だけではないハズだ。私・・・だけ?

 前回のステータス紹介から約3ヶ月ちょい。多忙極まってほとんどオンできなかっただけにあまり変化はない。冒険と戦闘が+1レベル。交易が+4レベルほど上がっただけ。戦闘名声がようやっと1万を超えた。軍医クエを自力で出すには冒険名声が低すぎる気がしなくもない。しばらくは冒険の旅に出るのもいいかもしんない。

船情報

 船は通天閣10号のまま。耐久度が30ほど減った。次に目指すは商用ガレオン。まだ当分は10号のお世話になりそうである。マストの上に旗が無いのが気に食わない。帆が三角なのも気に食わない。が、速いし積めるんで我慢する。船長室はいつになったら実装されるんだろうか・・・。って、サムブークに船長室があるかどうかは詳しく・・・知らない。

スキル情報1スキル情報3
スキル情報2スキル情報4

 スキル枠は1個増えたが構成変わらず。非優遇だと取引スキルのランクは5が限度だろうか・・・。あぁ、軍医になれれば・・・軍医になれれば夢の優遇スキルが!軍人ならば誰もが憧れる素敵スキル!医薬品とりひk・・・げふ。雑貨取引欲しいなぁ(遠い目

そんなこんなで、今後のスケジュール
①地理学地図消化の旅&冒険名声底上げ修行
②未発見インド新港発見の旅&ついでに金庫拡張
③戦闘レベル底上げ週間&ついでに華子抹殺or撲殺
の豪華3本立てでお送りします。
最後のブーメラン
 さて、来る11月2日は定例アップデートの日。ブーメラン距離の延長とそれに伴う交易品購入量の調整および取引スキルの効果見直しが行われます。その他もろもろのバージョンアップ等、交易の仕様がガラリと変わるみたいです。取引スキル8種所持の准士官アン船長の時代到来です。間違いない。そんなわけで、ブメれる時にブメる。ブメれないならブメらない。そんな精神に則って、バージョンアップに向けて、しっかりと取引スキル上げにブメりまくってました。先月一杯。もうお腹一杯デス。

 そんな、どうでもいい一ヶ月の苦行軌跡を記念に残しておく。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇


 上げようと思った取引スキルは、食料品・酒類・嗜好品・武具・火器・工芸品の6種。ダイヤ交易は嫌いなクセにしっかりと覚えている宝石取引。珊瑚とメノウを買う時にしか使わないのでR3+2でよしとする。美術品取引は激しくマゾいので今回は却下。ナポリが発展すると銅版画が出るみたいだが、アン船長の貧弱な資金力で発展度を上げることは叶わず・・・。もし出たら、工芸品3種、美術品2種の夢の国。いつか亡命します。

 そして主な交易路は以下のとおり。

 セビリア(食料品/酒/火器/工芸品)⇒マラガ(酒/嗜好品)⇒バレンシア(食料品/嗜好品)⇒パルマ(食料品/嗜好品)⇔バルセロナ(火器/武具/工芸品)⇔アルジェ(火器売却)火器が暴落してたら⇒チュニスorトリポリ(食料品/嗜好品)⇒ナポリ(工芸品)⇔チュニス(工芸品売却)工芸品が暴落してたら⇒バルセロナ経由でセビリアに戻る。以下繰り返し。地中海引きこもり。東地中海?大西洋?何デスカソレ?

食料品嗜好品工芸品

 苦行楽しい楽しい取引修行の末、食料品取引がR6⇒R7へ、嗜好品取引がR4⇒R5へ、そして工芸品取引がR4⇒R5にアップ。優遇スキルでもないのに何を必死になって上げてんだ?とか考えちゃダメです。何事もポジティブシンキング。

「軍人なのに各種取引に通じてるなんて・・・素晴らしい!是非我が妻に!!(byハイレディン)」
「彼女はイスパニアの至宝!海賊などに渡すものか!!(byバルタザール)」
「最近、海軍の物資が何者かに横流しされとる形跡があってな。犯人は見つけ次第打ち首じゃな(byタベラ)」
「取引スキルを上げたら憧れの彼から告白されちゃった!宝くじも当たって人生バラ色です☆(by匿名希望)」

 各国著名人からも絶賛の声続出!!これだから取引スキル上げはやめられません。

武具火器従者

 続いて武具取引がR3⇒R4に、火器取引がR4⇒R5にアップ。国民栄誉賞間違いなしです。酒類取引は頑張ったが上がらず・・・断念。上げてどうなる?とか考えちゃダメです。ダメダメです。来るべき日本実装に向けての前準備。純米大吟醸オンラインが待っている!

「って、どさくさに紛れて変な画像が混じってますぜ・・・」
「・・・土下座したって許してやるもんか(メ゚Д゚)y-~~」
「4連敗したからって根に持たなくても・・・」
「うるさいよっ!!」


 スキル上げをしてたらゴロツキに遭遇しました。

ゴロツキ?

「あら?どこのゴロツキかしら?」
「相変わらず口の減らない女ね・・・」

「それはそうと、決闘のこと・・・忘れてないでしょうね?当日が楽しみですわ。ワタクシ、その日のために貫通スキルも覚えましたし、キャノン砲も購入いたしましたの^^」
「・・・ア、アンタこそ、に、逃げんじゃないよ!」
「あら、顔色が悪いけど、どうかいたしまして?拾い食いでもしたのかしら?決闘の日に食中毒とか、笑い話は止して下さいね^^」


 ヤバイ、この女・・・本気マヂだ。本気と書いてマヂだ。



 やばい!!



 ・・・や、殺られる?!!
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。