あこぎ屋別館 【日々でっち上げ】
でっち上げ気味に綴る大航海時代online日記、他 (C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) | 編集
アン船長、アフリカの地で原住民と遭遇する
見た!!
アフリカの奥地で、アン船長は見た!!!

















半ケツ族
発見物:『半ケツ族』

北アフリカの奥地に住まう伝説の部族。ケツを半分出すのが流行りのスタイルである。あくまでも半分しか出さない。これは、唯一絶対神ハンケーツを信仰する彼らの教義であり、教えに背いてケツを丸出しにした者は神の怒りに触れ、神罰『2フィンガー・カンチョー』を食らうと云ふ。

朝の挨拶は「オ半ケツ」

午後の挨拶は「コンニチ半ケツ」

いただきますの挨拶は「イタダキ半ケツ」

一日は半ケツに始まり半ケツに終わるのである。



「あはは!あはははは!!半ケツだよ!半ケツ!!何てワイルドな奴らなんだい・・・ぷ、ぷははは!!半ケツ!!あぁ、ダメだ・・・ツボに入った・・・・ぷ、ぷくくく・・・」


誰かに似てる?

(人見て爆笑するとは・・・失礼な女だな。)

「や、やめて・・・こっち見ないでサブちゃん!その顔で凄まれても・・・くっ、腹が・・・」


 どこまでも失礼なアン船長であった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※何故か書き込みが出来ない時に入力してみると吉
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。