あこぎ屋別館 【日々でっち上げ】
でっち上げ気味に綴る大航海時代online日記、他 (C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) | 編集
アン船長、ロンドンの衛兵にコケにされてムキになる
 ここしばらく短距離航海ばっかりしているアン船長。冒険経験がちっとも貯まらないのが気になって仕方がない。交易と戦闘の経験値ばかり増えて、差が広がるばかりなのだ。ここは一発奮起して、長期航海でガッツリ冒険経験をゲットしよう。と、海事ギルドで遠くへ行く仕事はないか尋ねることにする。

ロンドン行き

 と、ロンドン行きっぽい仕事を紹介された。現在地はセビリアなので、ロンドンまで無寄港で行けばそれなりの日数はかかるハズである。さっそく依頼を受け、会計士に話しかける。案の定、ロンドンへ行って、城の衛兵から情報を得てくれと頼まれる。出航所で十分な準備を整え、いざ、霧の都ロンドンへ向けて出航である。

 それは、過酷な航海だった。海賊に襲われること5回。釣ったばかりの魚をネズミに齧られること2回。「姐御・・・あっしらの欲求不満は、もぉ爆発寸前ですぜ・・・」と、野獣の如く欲望に瞳をギラつかせたクルー達に囲まれ、貞操の危機に瀕すること1回。そんな苦難を乗り越えつつ、34日間の航海を無事に終えて目的地ロンドンへと到着。58の経験値を得てホっと一安心である。

 その後、酒場で軽く飲み食いして疲れを癒し、依頼主に言われた通り、衛兵のところへと向かう。

「あぁ、そのことなら王宮で聞いて下さいね^^」
「そーかい?じゃ、通してくれるかい?」

門前払い

 門前払い?!

「アンタ、今王宮で聞けって!!?」
「・・・怪しい者を通すわけにはいかん。」

正装度が足りない?!

 アン船長、何気に社交スキルを持ってたりするが・・・ダメらしい。セビリアの王宮は顔パスなのに、ロンドンでは無理だと言う。過酷な航海の末に辿り着いた者に対するこの仕打ち・・・紳士淑女の国も地に堕ちたものである。

「いや、ホント・・・そこをなんとか!!」
「・・・怪しい者を通すわけにはいかん。」
「あぁ、もぉ!!!いいからそこを・・・」

通せよ!

「通せよ!!」
「・・・怪しい者を通すわけにはいかん。」

 梨のつぶてである。

「ちょっと、アンタいい加減にしなよ?通せっつってんのが聞こえないのかい?」
「だから・・・アンタこそ分からない奴だなぁ、素性も知れない海賊ルックの女を王宮に通せるわけないだろう?」
「こう見えても、アタシャ、イスパニアでは名のある貴族様なんだよ?」
「あぁ、大海戦でポルトガルに大敗した国ね?で?それが何?」
「・・・王宮のレスター伯だっけ?実は、アイツとは飲み仲間でさぁ」
「レスター伯は公私混同なさらぬ方です。アンタが本当に飲み仲間でも、ここを通せばきっとお怒りになられますよ。」
「衛兵って給料高くないんだろ?おねーさんに言ってみな?好きなだけ飲み食いさせてやるよ。」
「買収ですか?牢獄にブチ込まれたいですか?」
「なんだよなんだよ!!いいだろ!通してくれよ!!!」
「ダメです!」
「このっ通り!!!お願いします衛兵様♪」
「ダメったらダメです。お引取りを(きぱっ)」


「あぁ、そうかい!もう頼まねぇよ!クソ野郎っっ!!!」
「・・・そうしていただけると実に助かります。」

 頭に来たアン船長。捨て台詞を吐いてその場を後にするが・・・このままでは腹の虫が治まらない。あの衛兵、今に見てろ・・・




-20分後-




「ちょっと、そこの貴方!」
「・・・なんだ、またアンタか。何度言われたってダメなもんはダメだと・・・って、なにぃ?!!」

お通しなさい

(な、なんだ?!さっきと同じ人だよな?!そ、それなのに・・・なんだ?!この全身から発せられる気品は?!ひょっとして、本当に名のある貴族様だったのか?それに・・・あぁ、何ていい匂いなんだろぅ。香水かな?くぅぅ痺れるぜ・・・ってか、この人、結構胸あるよな・・・やっぱ寄せて上げてんのか?天使のブラか?あぁぁ、いかんいかん!しっかりしろオレ!勤務中だろ!!)

「貴方!聞いてらっしゃるの?そこをお通しなさい。」
「はっ?!いや、しかし・・・あ、怪しい者を・・・と、通すわけ・・・」
「お通しなさい!」
「は、ハイィ!!ど、どうぞお通り下さい!!!」

クエ達成

「ったく、とっとと通せっつうんだよ。お宅ももーちょいマシな衛兵雇いなさいな。てかクビな?アイツ、クビ!!」
「・・・何でもいいから、玉座から降りなさい;」

 かくして、クエストを達成したアン船長であったが・・・

クエスト報酬 16000
ドレス代 -800000
ドレスにあわせて仕立て道具で手袋を白くした代金 -2000
使用後に貸し金庫に預けるのにかかった手数料 -6500
------------------------------------------------------
収支 -792500

 意地になったとは言え、たかだか1万6000の報酬を得るためにこの出費である。ドレス一着のために貯蓄を半分近く崩したことがホセにバレ、後で口論になったことは・・・言うまでもない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そこをお通しなさい…
こんばんは、生物学者のヌワラです。
こういう運び大好きですわ…。
こんなに激しく変貌したらさらに怪しくて通してもらえないわ…
2005/03/26(土) 00:51:47 | URL | ヌワラさん #Dz3IqjWg[ 編集]
あら、いらっしゃい♪
なぁに、あんな下っ端衛兵なんか、ちょっといい服着て頭ごなしに命令すりゃ~ちょろいもんさ♪
試しにドレス着て行ってごらんよ?楽勝さn・・・って、オッサンかよ?!Σ(゚Д゚;)←失礼


てわけで、ようこそお越しやす♪
おネエ言葉のマッチョマン・・・ちょっとツボっちまいました(笑)
2005/03/26(土) 04:29:36 | URL | アン #-[ 編集]
コメントを投稿する
※何故か書き込みが出来ない時に入力してみると吉
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。