あこぎ屋別館 【日々でっち上げ】
でっち上げ気味に綴る大航海時代online日記、他 (C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) | 編集
アン船長、ヴェネツィアの小娘に完敗する
 ヴェネツィアに居座ること数ヶ月。アン船長は商人クエストを受けることに余念がない。ナポリの商館で木材を買い込み、たまに出る☆6海事クエを受けつつ、アテネで買い込んだワックス、大理石像、大理石、オリーブ油、古美術品等が必要となる☆4商人クエを受けて経験値を稼ぐのだ。純商人でないアン船長にとって、連続で☆4クエを達成できるのはかなりありがたいことなのである。もはや、交易所の徒弟や商人クエの依頼人とは顔なじみだ。

 そんなある日のことだった。クルー達の間に浮ついた空気が流れ始めたのは。最初は気にも留めなかったのだが、ヴェネツィアへの滞在日数が増えるにつれ、クルー達の浮つきっぷりも無視できないものとなってきた。

「へへへ、オレ・・・また貢いじゃったよ。やっべぇな、今月もう金ねぇって」
「うっそ?お前も?オレなんか、昨日、古美術品プレゼントしちゃったよ♪」
「あっ、クソ!抜け駆けはズルぃぞ!!見てろ!オレは大理石像プレゼントしちゃうぜっ!!」
「あぁ、もうたまんねーよな・・・オレ、彼女の笑顔のためなら何だってしちまいそーだ・・・」
「オレもオレも!ほんとたまんねーよな・・・うちの船長とはえらい違いだぜ。」
「ハハハ!まったくだ!!」

 終始この調子である。心中穏やかでないアン船長、ホセを問い詰める。

「なんだいなんだい!あいつらの気の抜けっぷりは!」
「いや・・・それがですね、奴ら酒場女にどっぷり入れ込んじまいやして・・・」
「は?酒場女ってアイツかい?エレオノーラだっけ?」
「へ、へぇ、そのエレオノーラさんで。」

「はぁ??あんなのガキじゃないか!しかも巻き髪ツインテールの!!アタシの最も嫌いな髪型だって分かってんのかい?反吐が出るよ。」
「姐御、あの髪型大嫌いですもんね・・・けど、奴らそれがイイらしくって、貢ぎまくってんでさ。」
「・・・こんな美人の船長の下についていながら、他の女に現を抜かすたぁいい度胸さね。アンタもあんなのが好みなのかい?」
「あ、いや・・・あっしはどっちかと言うとあねg・・・」
「あぁイライラする!!!あ?何か言ったかい?クソ、ちょっと行ってくるよ!」
「いや、あっしの好みはですね・・・って、姐御!行くってどこへですかい?!」

古美術品クエ

「はっはぁ~ん・・・あの女、こーやって貢がせてんだね。まったく、とんでもない女狐さね・・・」

 と、船倉から古美術品を持ち出して酒場に乗り込むアン船長。エレオノーラを見つけるや否や、古美術品を叩きつける。

クエ達成

「あら、ありがとう♪仕事柄、最新の流行を押さえてなくちゃいけないのよ。」
「あぁ、そーかい。そりゃ~良かったねぇ・・・」

(なにこの女?やけに言葉にトゲがあるわね・・・)

「聞くところによると、アンタそーやって船乗りたちをたぶらかしてるらしいじゃないか?」
「え?そんなことないですぅ~。船乗りさん達は、毎日頑張ってるんでエレオノーラが癒してあげてるだけですよぉ(はは~ん・・・この女、私に男取られて逆恨みしてるのね。野蛮な女ってこれだから・・・)」
「だいたい、アンタみたいなガキは家でおままごとでもしてろってんだい。酒飲めんのかい?まぁ飲みなよ。」
「わーい、いただきます!」

女の戦い勃発

(ちょっと、エレオノーラ、今のセリフにはカッチーンと来ちゃったゾ!なによこの女、自分に魅力がないことをいいことにエレオノーラに当たるなんてサイッテー!もう、怒っちゃった!だいたいなに?その服。男の格好なんかして馬鹿じゃないの?あ、そっか!女としての魅力がないから男の格好するしかないのね!)


イスラム?!

「イスラム?!言うに事欠いてイスラム?!」

 意外と頭の弱いエレオノーラである。この頭の弱さが男受けするのか?!アン船長とエレオノーラの女の戦いは続く。不毛な口論の果てに・・・いつしか、勝負は飲み比べへと移行していた。





「ぷは~!ア~ンタらんかにゃ、負けないろ・・・」
「ゴクゴクゴク。あら?顔色悪いけど大丈夫かしら?」
「ム!なめんじゃにゃーら!アタヒがアンタごときに・・・・・・お!」


「お?」
「・・・オウエェェェェェ」

負けた


 未だに自分の酒の弱さに自覚のないアン船長。小娘相手に大敗を喫するのであった。



 そして、無関係な客に八つ当たりする。の図。

八つ当たり

 その後、平謝りしながら、ホセが引き取りに来たのは・・・言うまでも無い。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
(゚Д゚)…
まったく、とんでもない女狐さね

この姉御口調どこで修行したの…?
2005/03/31(木) 23:03:05 | URL | ヌワラさん #/SQPGECI[ 編集]
( ̄Д ̄)y-.。o○
おや?どこかおかしかったかい?
設定では母親譲りってことになってんだ(設定ってなんだ?!

中の人の地が関西弁なんで、変なとこあったら指摘しとくれ。いや・・・中の人なんて居ないんだけどね(よそ見
2005/04/01(金) 09:46:27 | URL | アン・コギー #-[ 編集]
…(゚Д゚)
おかしくなくってよ
どこで修行したのかなぁって…
女狐とかいう表現がサラリど出てくるあたり…ほら…
2005/04/02(土) 00:11:39 | URL | ヌワラさん #/SQPGECI[ 編集]
(*ノωノ)
修行なんかした覚えはないんだけどねぇ(笑)

それよりも、あたしゃヌワラのネエさんの生い立ちのが気になるよ(ぉ
2005/04/03(日) 16:06:30 | URL | アン #-[ 編集]
(゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)
ホセちゃんとのラヴストーリーがもうそろそろ始まるブログはここでいいのかしら…

ちょっと妄想…(゚д゚)

(*´Д`)ハァハァ
2005/04/04(月) 01:17:53 | URL | ヌワラさん #/SQPGECI[ 編集]
Σ(゚д゚;)!!
は?!なんでホセなんかと?
ないから!そんなのありえないから!!

てか、ネエさんにあげるよ( ̄Д ̄)y-.。o○

ちょっと妄想…(゚д゚)

う、うげぇぇぇ。。。
2005/04/04(月) 10:05:49 | URL | アン #-[ 編集]
姉御!
あっ、姉御!
自分、会ったときから姉御の事…
えっと、その…!
自分はっ!そのっ…!





|∀゚)ドキドキ…
2005/04/04(月) 21:18:11 | URL | ホセ #/SQPGECI[ 編集]
( ̄Д ̄)y-.。o○
アンタ、ホセじゃないね・・・

・・・粗品が見えてるよ(何?!
2005/04/05(火) 21:39:47 | URL | アン #-[ 編集]
コメントを投稿する
※何故か書き込みが出来ない時に入力してみると吉
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。