あこぎ屋別館 【日々でっち上げ】
でっち上げ気味に綴る大航海時代online日記、他 (C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) | 編集
アン船長、コンスタンティノープルに潜入す
 先日フレとtellをしてから、どうにも風邪っぽい。この喉の痛み具合と鼻の出具合は、花粉症と言うよりは風邪だ。うつされたか?最近はネット回線越しでもウィルスが感染するようだし、注意せねばなるまい。いや、ホントに。

 と、夕方には書き上がってたのに、ステータスを"公開"にするのを忘れていた。しかし、風邪の症状がキツイ。せっかく早く帰ったのに、帰宅してから症状が悪化して、航海どころではなかった。熱は7度しかないが、鼻風邪特有の熱っぽさで体感1度は上昇している。鼻水が止まらない。ズルズル・・・ビーン。つらい(泣)


†     †     †


ホセ

 こんにちは。先週、水夫どもが揃いも揃って、ヴェネツィアの酒場女に入れ込んじまったおかげで、4日間飯抜きってなとばっちりを食らったホセでやす。服装にゃ色気の欠片もねぇわ、吐く言葉は貴族様も卒倒しそうなスラングだらけ・・・と、女っぽさの欠片もねぇ姐御でやすが、水夫どもが他の女に入れ込んでんのを見て嫉妬するあたり、可愛いところもあるもんでやす。まぁ、こんなことを言った日にゃ、その日のうちに鮫のエサにされちまうんで、口が裂けても言いやしませんがね。

 今日も今日とて、船の整備に物資の買出しにとてんてこ舞いでさ。アテネまで行くってんで、ちょいと資材と砲弾は多い目に。あそこらへんは危険海域でやすしね。支払い時に姐御の名前を出したら、値段を負けてくれやした。あの人は妙なところで顔が広いんで、不思議なモンですぜ。まぁ、そもそもにして、軍人のくせに戦闘スキルより取引スキルのが育ってるってのがおかしいんでさ。何だって商人にならねぇのか・・・妙にこだわりが強くて付き合わされる方はたまったもんじゃねぇッスよ。



 っと、出港準備も整ったことだしそろそろ姐御を探しに・・・って、居た!




似合うかい?

「・・・って、どーしたんでさ!その格好は?!」
「決まってんだろ?これからオスマン帝国の首都に乗り込むのさ。郷に入らずんば虎児を得ずってね。」
「いや、それ間違ってやすから・・・ってか、やっぱりズボンなんでやすね;」

「女が船に乗るのは不吉なんだって教えられなかったのかい?海神様は女好きだからね、女が海に出てっと興奮しちまって波が荒れんのさ。だからこーやって男の格好してんじゃないか。」
「・・・意外と迷信深いんでやすね。てか、その認識も何か違ってますぜ;」

「何だっていいだろ!ところが、どーだい!最近のガキどもはクソ短いスカートなんざはいて航海してやがる。挙句の果てにゃ、ドレスなんか着てる変人まで居る始末さね。アンタら甲板で舞踏会でも開こうってのかい?金属鎧なんざ着てる気違いは溺れて死んじまいな!!クソったれ!!」
「・・・いや、もう何か・・・ほんとスンマセン;;」


†     †     †


 ゲームとは言え、16世紀の中世ヨーロッパが元となっている大航海時代onlineである。やはり、ある程度の時代背景というものは守りたいところである。ペチコートやドレス、金属鎧などはまだ良い。女が船に乗るのは不吉というのも、所詮は迷信だ。実際のところ、そこまで気にされてもいなかったのかもしれない。が、キャラクターの命名はどうにかして欲しかった。

 このゲーム、キャラクター名に全角文字の入力が許可されているため、漢字だろうが記号だろうが好き勝手に使うことができる。他人の命名をとやかく言う気はないが、日本名とか記号の付いた名前を見かけると少し萎える。全て記号、しかも読めない名前など論外だし、アイドルの名前やネタ系の名前は言わずもがな。時事ネタなど時期を過ぎると寒いだけだ。使いたい名前が先に使われていたのは分かるが、ピリオド等を付与してまで使いたいものだろうか・・・とか、疑問は尽きない。転職可能なシステム同様、キャラクター命名に記号を許可したのは失敗ではないかと思うところである。


†     †     †


 と、そんなこんなで、ヴェネツィアを出た通天閣号は、アテネ経由で北上し、サロニカに寄港。そこから東進し、黒海入り口にあるイスタンブールを目指す。

黒海へ


 周りには襲われたらまず勝てっこない巨大なガレー海賊団がうようよ。直進すると絡まれるので、海賊を避けての蛇行航行。しかも、逆風なので速度も出ない。目の前に見えるイスタンブールの光が近そうに見えて遠いのだ。生きた心地がしないとはまさにこのことである。

イスタンブール

 そして、到着。キリスト教文化とイスラム教文化が融合した街。オスマントルコ帝国の首都、イスタンブールである。かつて、東ローマ帝国の首都として栄えた街でもある。

記念撮影

「さっ、本場のトルコ風呂でも楽しんでくっかね♪っと、トルコ風呂ってもオネーチャンは出て来ないから変な期待してくんじゃないよ?」
「・・・いや、んなこと言われなくても分かってまさ(汗)」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※何故か書き込みが出来ない時に入力してみると吉
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。