あこぎ屋別館 【日々でっち上げ】
でっち上げ気味に綴る大航海時代online日記、他 (C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) | 編集
アン船長の航海記:運命のアレクサンドリア(後編)
-前回までのあらすじ-

 フランス人航海者のジャン・ポワール・ボジュレーは、ボルドーに程近い貧しい漁村の生まれだった。病弱な母を支えながら、貧しいながらも漁村での生活を続けてきた。しかし、ある寒い冬の日に、母は風邪をこじらせて呆気なく他界してしまう。母は死の間際、ジャンに一振りの短剣を差し出し、そしてこう言ったのだ。「お前の父はゴアで生きている。」と。幼い頃から死んだと聞かされてきた父が生きている?!母と、そして自分を見捨てた父への復讐の念を胸に、ジャンは大海原へと舟を漕ぎ出すのだった。

 ジャンが海に出た日と時を同じくして、ヴェネツィアでも新たな航海者が誕生していた。彼女の名は、ヴィットリーア・フェッライウォーロ。彼女には悩みがあった。それは・・・生まれてこの方、自分の名前を噛まずに発音できた男が居ないことだった。しかし、そんなある日、ヴェネツィアの街を散歩していた時、彼女は出会ったのだった。自分の名を噛まずに発音できる男に。男はしばらくヴェネツィアに滞在していたが、1ヶ月ほど経ったある嵐の日に海に出て・・・そして二度と戻っては来なかった。そして、彼女は海へ出ることを決意したのだった。

 ジャンとヴィットリーア。交わるハズのなかった2人の運命は、しかし、まるで羅針盤に導かれたかの如く、ここサントドミンゴで交差するのだった。

あら、久しぶり♪

「前編とちっとも話繋がってねぇぞ・・・ってか、遅ぇよ!!」
「あら?エドゥアルドじゃないか。久しぶりだね♪こんなとこでどーかしたのかい?」
「久しぶりだね♪・・・じゃ、ネEEEEEEEEEEEEeeeeeeeeeeeee!!!」

イスパニアイベント・第9章(一部)
『バルバリア海賊の首領ハイレディンがアレクサンドリアで行われる式典に、トルコの皇帝(スルタイ)と列席するらしい。ハイレディンのねらいが、自らを北アフリカの事実上の支配者として、世に認めさせることにあるのは明らかだった。力を強めていくハイレディンに対し、それと渡り合う戦力を与えられる見込みのないバルタザールたち。バルタザールは、状況を打破するため、アレクサンドリアに乗り込み、式典に現れるハイレディンを狙撃することを決意する。そしてジェノヴァの酒場で密売している狙撃用の特殊銃・螺旋溝銃を買い、アレクサンドリアへ持ち込んでくれと、アン・コギーに依頼する。』

「あぁ!そーいやそんなこともあったっけか。てか、まだ式典終わってなかったの?半年近く経ってんのに・・・って、アンタもそこでずっと立ってたわけ?」

 そんなこんなで、すっかり忘れていたイスパニアイベントである。狙撃ポイントである民家の屋根裏には、すでにバルタザールやアゴスティノが待機していた。

間に合ったの?!

「あら?なんだ・・・間に合ったんじゃないか。だったら、もうちょっとゆっくりしてても良かったかねぇ・・・」
「頼むから黙っててくれ・・・でないと、この銃で貴様を撃ちたい欲求が抑えられなくなる・・・」

死ね!

「死ね!ハイレディン!!!!」


ズッガーーーン!


「取った!ついに・・・ついに奴の玉取ったったで!!!」

ハイレディンが2人?!

 が、しかし・・・撃ち殺したハズのハイレディンは、何食わぬ顔をして式典に出席していた。

「何故だ!何故奴がいる!・・・くっ、こうなれば次の一撃で確実に仕留めてやる!」
「や、やべぇよ隊長!警備兵が動き出した。弾込めてる間に捕まっちまう!」
「くっ・・・止むを得ん・・・か。・・・引くぞ!」

計画がバレていたのか?!

「我々の狙撃計画を察知して・・・身代わりを立てていたとは。おのれハイレディンめ!!」
「それにしても・・・まるで、最初っから狙撃されるのが分かってたかのような段取りでやしたね。」
「まるで、内通者でも居て、こっちの情報が筒抜けだったみたいな感じだよな!」
「うむ・・・奴もあれで大海賊団を率いる首領だ。ひょっとするとイスパニア海軍に密偵を忍ばせているのやもしれん・・・」


「・・・じゃ、じゃぁアタシはこれで!そんな気を落としなさんな!また次があるって!」
「あぁ、ご苦労だったなアン・コギー。また協力を頼むことがあるかもしれんが、その時も宜しく頼むぞ。」
「ま、任せときな!じゃ、元気でね!!」

 惜しくも、ハイレディン暗殺計画は失敗に終わった。果たして、バルタザールが宿敵ハイレディンを打ち倒す日は来るのであろうか・・・。そして、脱兎のごとくその場を逃げ去るアン船長に・・・3人が不審を抱く日は来るのであろうか・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
|дФ)< 狙撃は想定の範囲内
コンニチハ!
リンクありがとうございます!こちらからもコソッと貼っておいたり!
FF日記とかもあるようですがとりあえず大航海リンクの方に入れちゃいましたー。

ハイレディン様カコイイ…
2005/04/19(火) 18:50:54 | URL | どりすたん #szTeXD76[ 編集]
Σ(゚Д゚;)!!ビクッ
わわわ・・・コンチハ!

こちらこそ、突然の狙撃でゴメンナサイ。仕事中にうろちょろしてたら見つけちゃって・・・。あーいう絵柄好きなのデス・・・(*´Д`)ウットリ

相互リンクまでありがとうごまいます。FFは本館がメインな上、すでに更新停止してるのでお気になさらず(遠い目

今後ともよろしくです(ぺこり

ハイレディン様・・・いい男だよねぇ・・・
2005/04/19(火) 19:33:16 | URL | アン #-[ 編集]
コメントを投稿する
※何故か書き込みが出来ない時に入力してみると吉
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。