あこぎ屋別館 【日々でっち上げ】
でっち上げ気味に綴る大航海時代online日記、他 (C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) | 編集
アン船長の航海記:老人と遺産とカリブ海
 左肩が凝りまくってて、軽く頭痛で頭が痛いあこぎ屋です。コンニチハ。ところで、GWで実家から帰った時に、コメントに返信をしようとしたら、何故か何度入力しても書き込みが出来ない。ハハハ、しばらく構ってやらなかったからって拗ねてるのかい?可愛い奴だなこ~いつぅ~。と、軽くディスプレイを小突いてやるが、書き込めない。頼むよ・・・機嫌直してくれよ。と、土下座するも直らない。母の日にちなんでカーネーションの花束を贈ってやっても、こちらを振り向こうともしない。よぉし、そっちがその気ならこっちだって考えがある!と、パスワードを入力して書き込んでみたら普通に書き込めた。コメントはブログの付随機能なんで、こっちでソースが見れるわけでもなく、オイオイ勝手に仕様変更してんのか?と、思ってパスワードの横んとこに"必須"と書き加えておいたが、次の日にはパスワードなしでも書き込めるようになっていた。なんなのさ!!

 そんな現象が起こったのは私だけか?とも思っていたが、書き込めなかった人は他にも居たらしい。えぇと、別にアクセス禁止にしたとか、そーいうんじゃないんでお気になさらず。気にせずじゃんじゃん書き込んで、更新モチベーションの向上に貢献するが良いぞ!ガハハ!ガハハハ!!あぁっ?!石を投げないでっっヽ(;゚Д゚)ノ

 てなわけで、昨夜は久々に地中海に復帰。セビリアに水銀剤とかいう新しい交易品が出てるのに驚きつつ、武具取引スキル上げのため、バルセロナでひたすら片手剣ブーメランしてました。実にマゾい。ランク2までは楽に上がるが、ランク3にするのは血反吐が出そうです。げふっ(血反吐

 あんまりにもマゾ過ぎるんで、おじいちゃんに愚痴っちゃったのです。

おじいちゃんと私

「ねぇねぇ、聞いとくれよおじいちゃん」
「みちるさん・・・飯はまだかいのぅ?」

「こないだロンドンで商館覗いてみたらさ、なんだか素敵な物がいっぱい売っててさ」
「さっき食べたばかりとか意地悪なこと言わないでおくれ;;」
「でもさぁ、値段見たらビックリさね。200万とかするんだよ?」
「わしぁ腹が減って死にそうじゃよ。ばあさんや~みちるさんが虐めるんじゃよぅ・・・;;」
「装備品なんか、耐久度が20とか30しかないのに200万って・・・さすがに買えないよね?」
「なんじゃ?わしは口臭くないぞい?ちゃーんと毎日ポリデントしとるからな!失礼な奴じゃ!!」


「どんな物って・・・例えば、こんなんだけどさ」

えんぶれむ!

「コレなんかどうだい?特殊なエンブレムっぽくていい感じだろ?でもさ、ミドルトン家ってイングランド貴族か何かだろ?」
「カツオのたたきは藁で焼くと美味く焼けるんじゃよー」
「良くTシャツとかのデザインでもさ、カッコイイからって英語が書かれたTシャツとか着てる日本人が居るけど、英語読める人が見たらとんでもない内容で笑っちゃうね!みたいな?」

「ワシも若い頃はのぅ、素潜りでカツオを1本釣りしたりしたもんじゃ。ちなみに、マグロは常に泳ぎ続けてないと死んでしまうらしいぞい?」
「前テレビでやってたんだけどね。英国で漢字のタトゥとかが流行ってるらしくてさ、蝶とか炎とか、そんな字だったら分かる気もすんだけど・・・1人"便所"ってタトゥの人が居て笑いが止まんなかったのさ。文字の意味知ったら自殺するね、あの人・・・」


「あ、そうそう。こんな服も売ってたんだよ」

ぺるしあんどれす!

「どうだい?素敵な服だろ?スカートはヒラヒラしてあんま好きじゃないから、この服丁度いい感じだろ?ドレスだけどさ」
「わしとばあさんの馴れ初めはのぅ、そう、あれは戦時中のことじゃったぁ・・・」
「気に入ったんで普段着にしようと思って買おうとしたらさ、耐久度が30くらいしかなくってねぇ・・・」
「その頃、わしは海軍では名のある将校じゃったんじゃよ。ばあさんは、士官行きつけのバーで人気のある歌手じゃったんじゃ。シャンソン歌手じゃよ」

「さすがに耐久度30で200万は厳しいから、諦めちまった。誰か買ってくれる殿方は居ないもんかねぇ・・・」
「一目見て、わしは恋に落ちとったよ。足繁く通ううちにばあさんもわしを意識し始めての。そんな時に、わしは前線への赴任を命じられてな・・・そこで、プロポーズしたんじゃ。生きて帰って来たら君に伝えたいことがある・・・ってな。ん?フラグ?フラグって何のことじゃ?」


「そうそう、殿方に買って貰うっていうと・・・コレなんか素敵だよね」

うぇでぃんぐどれす!!

「ウェディングドレスだよ!いいよねぇ、一度は着てみたいもんさね」
「みちるさんや~~飯はまだかいのぅ?」




 ・・・さて




「このクソボケ老人はしっかりボケていらっしゃるようだね・・・」




 ってわけで




「なんっか金目の物は~ないかしら~ん♪(ふんふふふん)」



「(ガサゴソ)・・・ん?何これ?ばあさんの肖像画?」



「(ゴソゴソ)・・・老人はタンスの中にヘソクリ隠してたりすんだよね」



「(ギギ~)・・・机の引き出しは・・・っと、お?ナイスな物発見!!」




カリブ!

「じゃじゃ~~ん!カリブ海の入港許可証さね♪こんなご老体が持ってても、宝の持ち腐れ。若いアタシが有効活用してやるよ・・・ってなもんで、貰っとくね!」


「ばあさんっっ!!!もう堪忍袋の尾が切れたぞぃっ!!!ヽ(゚Д゚)ノ」
「な、ななな、なに?!あ、アタシは何も盗ってないよ?!(びくっ)」

ちょっと飯食ってくるのじゃよー

「腹減ってかなわんから、ちょっと隣町までパエリア食いに行ってくるのじゃよー」

「お?コロン提督じゃねぇですかい。飯って・・・わざわざ船乗って行くんですかい?」
「おぉ、息子よ!やっぱり生きておったんじゃな!!そうじゃよ。海はええぞ~広いんじゃぞ~~」
「い、いや・・・息子じゃねぇですぜ!提督・・・すっかりボケちまって;」
「・・・フン。海の上で死ぬのが船乗りの本望だろう。行かせてやれ」

 こうして、イスパニアの英雄クリストバル・コロンは、飯を食うために、はるか西の海へと、船を漕ぎ出していった。そして、それが彼の姿を目にした・・・最後のこととなるのであった。


イスパニアイベント第12章

-完-
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ブログの方はどうかわからないのですがFC2でサーバーダウンとか障害が出てたらしいですよー。
ArchelonTradeさんがそれで移転してマス・・・

ボケちゃったコロン提督ウケました。ボケてるくせに妙な雑学知ってたりw
2005/05/12(木) 12:03:38 | URL | どりすたん #szTeXD76[ 編集]
FC2の鯖落ちは日常茶飯事だからねぇ。Blogは専用のサーバーがあるから、たぶんArchelonTradeさんとこのとは関係ないとは思う。いったいなんだったんだろ・・・。ほふ

マグロは動きを止めると呼吸ができなくなるんだってさ!おじいちゃんは、探偵ナイトス○ープを毎週欠かさず見てるみたいです。パラダイス探してカリブに旅立っちゃった・・・(何?


・・・と、書き込んだら、書き込めない現象再発。書き込む前にコメントをコピるのが癖になりつつあったりなかったり(遠い目
2005/05/12(木) 16:59:12 | URL | アン #aO7ArIDQ[ 編集]
コメントを投稿する
※何故か書き込みが出来ない時に入力してみると吉
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。