あこぎ屋別館 【日々でっち上げ】
でっち上げ気味に綴る大航海時代online日記、他 (C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) | 編集
アン船長の航海記:目指せ夢の楽園カリブ その2
「野郎ども!カリブへ行くよッ!!」

 そんな姐御の掛け声とともに始まったカリブ航路でやすが、毎度のことながら大変な航海でやした。姐御の暇つぶしにチェスを付き合わされたんでやすが、いや、こう見えてもあっしはチェスには自信がありやしてね?案の定、あっしが勝ち過ぎちまいやして。マズイ・・・と思った時にはもう手遅れ。姐御の機嫌は急降下。慌ててちょいと手加減してみたんでやすが、遅かったみたいで・・・終いにゃチェス盤ひっくり返す始末。次の日は飯抜きときたもんでさ。まるで子供でさぁな(トホホ

 ちょいと前には、船倉から煤で真っ黒になった姐御が飛び出して来たかと思ゃ、「大変だよ野郎ども!火事だ!消火急ぎなっ!!」ってなもんでさ。火の気のない船倉で何だって火事が起こるんでさ?しかも、第一発見者が姐御だってのが、どうにも臭いんでさ。きっと寝タバコか何かですぜ。あれだけ注意しろって言ってんのに、何度やったら気が済むんだか・・・。片手に丸焦げのカンパチを手にしてたのが、妙に引っかかりやしたが・・・いや、まさかねぇ・・・

 とまぁ、大体が姐御絡みの災害ばかりだったんでやすが・・・それでも、航海はおおむね順調に進んでやした。でも、少しずつ行く手に暗雲が立ち込めて来たんでさ。

 そんなわけで、ちょいと恥ずかしいですが、あっしの航海日誌をここに記しておきやす。

-30日目-
30日目

 航海30日目。またまた海賊に襲われちゃいました。25日目までは平和だったのに、このところ毎日です。やっぱりあの火事のせいで、敵に居場所がバレちゃったのかな?魚をいっぱい積んでたせいか、とにかく煙が酷かったんですヨ。とにもかくにも、海賊相手には逃げの一手です。なんでって?それはですね、応戦しようとしたら砲弾積んでなかったんですよ!!!姐御・・・どこの世界に砲弾積んでない軍船があるんですかぁ~(涙)

-40日目-
40日目

 度重なる海賊の襲撃で、クルー達は疲労困憊です。そこに追い討ちをかけるように嵐の襲来です。もう勘弁して下さい!・・・って気持ちでいっぱいです。日頃は遊んでばかりの姐御も、今日みたいな有事になると俄然張り切って、甲板で船員達を指揮しています。いつもモメ事ばっか起こす厄病神みたいな姐御ですけど、こんな時は女神のようです。惚れ惚れするくらいにイイ女です。あぁ、嫁さんにしたい・・・ ←消した痕跡

-50日目-
50日目

 1ヶ月以上も陸地が見えなかったので、私も含めて船員達の不安もピークに達していました。この期に及んでのん気に釣りが出来るのは姐御くらいです。あの図太さは見習いたいところですネ。そして、嵐が過ぎ去ったら今度は海賊、海賊、海賊・・・逃げて逃げて逃げて逃げ続けるうちに、ついに陸地を視認しちゃった!!わ~い♪総員、必死になって街の灯りを探す日々が始まります。

-55日目-
55日目

 セビリアを発って55日目。ついに、街の灯りを発見です!!一時はどうなることかと思ったけど、どうにかなっちゃいましたネ!アレがイスパニアの英雄クリストバル・コロン提督が発見した、インディアス。夢の楽園カリブでしょうか?どんなところなのか、今からワクワクです。でも、目下のところ海賊から逃げるのが先ですよネ。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


 とまぁ、長々と航海日誌を紹介しやしたが・・・長い長い航海を経て、ついに、ついに到着したんでさぁな!!





 夢の楽園カリ・・・





・・・あれ?

・・・ビブ?!ビって何?ビってなんスか姐御!!!!」
「・・・あっれぇ~?カリブ違い??」

カリビブ 【かりびぶ】
(地名)
 南アフリカ西岸にある街。小さな街で農業・漁業が中心だが、近辺に鉱山があり、銅や亜鉛のほかダイヤモンドが産出する。現在は英国同盟港。必須言語は西アフリカ諸語。どう間違ってもカリブ海には存在しない。

「どこの世界にカリブとカリビブ間違える人が居るんでやすか!!」
「なんだよ・・・体張った冗談じゃんか?怒んないどくれよ・・・」
「いや、体張ったんは、もっぱらあっしらですから!!笑えねぇッス!!」

入れない?!

しかも入れねぇぇぇーーーーーっっっ!!!!
「そりゃまぁ、入港許可出てないからねぇ」

 この後、セビリアへの帰路で、船員の疲労度がMAXになり、街に辿り着くころには船員の数が3分の1まで減ったとか減ってないとか。挫折を乗り越えて、今度こそカリブを目指して・・・

-続きまさぁな-
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
笑ったー。
そうきたかー。

カリビブとは・・・
そのオチ読めなかったよ。
2005/05/18(水) 12:03:56 | URL | エルメス #NkOZRVVI[ 編集]
笑われたー。
そーきたのですv

もしカリビブがインドにあったら・・・
南アフリカ西岸で良かった・・・ホント良かった(/_;)
2005/05/18(水) 18:55:50 | URL | アン #aO7ArIDQ[ 編集]
俺も笑ったw
こんにちわ~
リンクバックありがとうございます!

てか俺もワロタw
何か姐さんとホセの微妙な関係に萌えますw
今後が楽しみダ。

2005/05/18(水) 19:06:29 | URL | かぬへる #4lXsiBFM[ 編集]
また笑われたー。
リンクはいつでも歓迎なので、こちらこそありがとうございますv

ホセは…まぁ所詮はホセだからねぇ(何
きっと今後なんてないよ。ないない(゚Д゚)y-~~

てわけで、サボリーマンどうし今後ともよろしくv
2005/05/19(木) 16:35:46 | URL | アン #aO7ArIDQ[ 編集]
コメントを投稿する
※何故か書き込みが出来ない時に入力してみると吉
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。