あこぎ屋別館 【日々でっち上げ】
でっち上げ気味に綴る大航海時代online日記、他 (C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) | 編集
密会
ホセでやす
 あっしの一世一代の大勝負がさらっと無かったことにされ、ショックのあまり10キロも痩せちまったホセでやす。こんにちは。もうね、いいんでやす。この1週間ずっと寝食を削って考えてやした。考えて、考えて、考えて・・・頭から煙が出るくらいに考えて、ようやっと1つの結論に達したんでやす。ほら?よく言うじゃないですか。『押してダメなら引いてみろ』ってね。副官としての立場をわきまえず、分不相応に隣に立とうしたのがマズかったんでやす。えぇ、つまりですね・・・副官として頼れる男になってですね、目立たず騒がずひっそりと、影となって船長を支え続けるわけでやすよ。そうするうちに少しずつ姐御の中であっしの存在感が大きくなっていくんでやす。で、急にあっしが姐御の前から去ろうとしたりなんかした日には、「あ、アタシ、今になって、やっと気づいたんだ・・・貴方なしでは生きてられないことに!」みたいな!コレです!コレでやすよ!!長期計画でガッチリと姐御の心を捕らえて離さない。やりやす!やってみせやす!男は黙って背中で語りやす!!ふふふ、ふふふふふ・・・

「・・・イケメンでもないくせに、そんな受身で女が落ちるわけないだろ」
「って、うああぁぁ?!!!あ、姐御!!き、聞こえてやした?!」
「いや、そんなのどーだっていいんだけどさ。あたしゃこれからちょいっと野暮用があっから。出港準備整えといておくれね」
「・・・へ、へい、分かりやした。ところでどちらへ?」
「野暮用つってんだろ。いちいち聞くんじゃないよ」

 姐御はいつも通り平静を装ってやしたが、あっしの目は誤魔化されやせんでした。いつもはほとんどスッピンな姐御が、今日に限って化粧をしてたんでやす!!!それもナチュラルメイク。その透明感は大人気ない!話聞いてないし!化粧してるし!って感じでやす。怪しい。怪しすぎやす。野暮用って何なんでやすか?ひょ、ひょひょひょ、ひょっとして、お、男と逢うんじゃ・・・

 気になって仕方がないんで。後を追うことにしやした。ストーカーじゃないんでやす!いや、ほら?危険なことをしようとしてるのかもしれねぇですしね。いざとなったら副官として身を挺して守ってやんなきゃなんないですし。えぇ。と、そうこうしてる間に姐御は大通りを外れて路地に入り、場末の汚らしい酒場の中へと消えていきやした。窓から中を覗いて見たら、脛に2つも3つも傷があるようなゴロツキばかり。姐御はというと・・・脇目も振らず、奥に立っている1人の・・・お、男のところに!!!?スラリとした長身の優男でやす。インテリぶって眼鏡なんか掛けてるのが妙に嫌味ったらしい奴でさぁな。あーいうタイプは姐御のタイプじゃないから・・・って、スゴイにこやかに話てる!!な、何そのはにかんだ微笑み?!

 あぁクソ!こっからじゃ何話してるかサッパリ聞こえやせん・・・。ああぁぁぁ、あの2人はいったいどーいう関係でさぁ?!き、気になる・・・何話してんでやすかぁぁぁぁ!!!



-酒場の中-



「・・・ってわけでさ」

お、男と!男と逢ってる!!!

「あの生意気な女を海の藻屑にしとくれよ・・・」
「俺もそれなりに名の売れた殺し屋だ。金さえ積んでくれりゃぁ英国の女王だって暗殺してみせる。だがな、さすがの俺もターゲットが誰か教えて貰わないことには仕事はできないぜ?」

「フン・・・星の数ほど居る殺し屋からわざわざアンタを選んだのには訳があんのさ。ターゲットの女はね、アンタも良く知ってる・・・」

ターゲット

「・・・ほら、この女さ」
「こ、この凶悪なまでに目付きの悪い女は!!ま、まさか・・・」

「フフ、そのまさか。アンタ、この女に幾度となく煮え湯を飲まされてるって言うじゃないかい。いい機会だろ?」
「ふふふ、ふふふふふ・・・忘れようハズもない、この女に受けた屈辱の数々!そう、あれは吹雪の吹き荒ぶある冬の日のことだった・・・」
「あ、いや、アンタの思い出話に興味はないから!」
「・・・・・・」


「まぁいい・・・この仕事、請けてやろう。だが、高いぞ?」
「そんなことアンタが心配する必要はないさ。いつも通りに仕事をこなしてくれりゃいい・・・」

・・・ククク

「・・・報酬はいつもの口座に」
「入金を確認したら仕事に取り掛かろう・・・」

「ぬかるんじゃないよ?」
「ハ!オレを誰だと思っている?」
「ククク、頼りにしてるよ」
「フフフ、任せておけ」
「クク、クククククク・・・」
「フフフ、フハハハハハハ・・・」


「ア~ハッハッハッハッハッハ!」
「フヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!」



-酒場の外-



ホセでやす
 あぁぁ!あんなに楽しそうに笑い合って!!ちくしょう!ちくしょうちくしょうちくしょおぉぉぉぉ;;

 人ひとり消される相談がなされていようなどと露とも思わず・・・果たして、あの女とやらの運命やいかに?!

-つづく-
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
(´-`).。oO(小悪党にヤラレルワタクシだと思ってもらっては困りますわ)

取りあえず御挨拶なのですの。
2005/10/14(金) 18:53:57 | URL | 凶悪なまでに目付きの悪い女 #X.Av9vec[ 編集]
(#゚Д゚)y-~~
・・・消す理由が一つ増えたよ
2005/10/14(金) 20:17:54 | URL | アン #aO7ArIDQ[ 編集]
如何にも三流な殺し屋って感じでs(ターーーン・・・・
2005/10/15(土) 00:56:02 | URL | フェルマー=ディック #El5QzZ.o[ 編集]
物語風のブログって面白いなぁと
再確認しました~

ありえてもやってみようかなぁw
2005/10/15(土) 08:45:03 | URL | ありえて #PIpocw5A[ 編集]
空白の数ヶ月間のことなど
微塵も感じない(させない)
物語の進行・・・。

流石です!アン・コギーお嬢様。
2005/10/15(土) 12:12:33 | URL | 通りすがりの人。 #-[ 編集]
>ディック様

それ言っちゃダメだよ!
本人傷ついちゃうからさ(笑

>ありえてさん

是非是非やってみとくれv

まぁ、毎回こんな感じだと書くの大変なんだけどね。使えそうなSSが無いと書けないし・・・(遠い目

>通りすがりさん

空白?数ヶ月?

はて、何のことやら(よそ見
2005/10/17(月) 00:20:12 | URL | アン・コギー #aO7ArIDQ[ 編集]
コメントを投稿する
※何故か書き込みが出来ない時に入力してみると吉
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
備えあれば憂いなし、と申します。世の中、一寸先は闇。ましてや、食うや食われるやの交易稼業。少しばかりも気を抜くことは許されません。ですから、常に情報を集め、大事に備えておくことは嗜みと言うものでございましょう。リスボンでの事でした。ワタクシはその日、いつ
2005/10/15(土) 02:10:31 | ハナ☆ハナ
アン姉御を慕う一人の海賊が・・・
2005/10/19(水) 14:24:16 | ありんこDAI冒険
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。